忍者ブログ

 [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

| HOME |

 いや~

いや~ね~・・・・。すっかり、忘れてました。更新するなんて考えは、アンドロメダ星雲くらいまで遠くにいっていました。

友達に言われて、気づいてあせって更新しているしだいですよ!


ホームページの更新とか、リンクとか、宣伝とか、妄想とか(コラ)に忙しくってねぇ・・・気分はもう「パトラッシュ・・・僕、なんだか眠くなってきたよ・・・」(うろうろ覚え)

これからはたまに更新していきます!見に来てくれていた人、ごめんなさい!ありがとうございました!
PR
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 ありがと~

37さん!来ていただいてまことにありがとうございます。ご忠告、しかと聞き申した(ナニ時代だ)いまどちら視点にしようかまよっているところで・・・。では、ブラック・ウィーク。続編をお楽しみください

ブラック・ウィーク~旅立ちの日

朝目を覚ましたかおるは、時計を見た。目覚ましがなる十分前。なかなかの時間。いいんじゃないか。
「かおるちゃ~ん!もう彼女が来てるわよ~!」
なにぃ!?かおるはあわてて、パジャマのままで玄関へと向かった。大体、彼女ってなんだ!俺だって女だぞ!俺が彼女かもしれないっていうのは、はなからないのか!?
「かおるさ~ん!ちょっと早く来すぎてしまいました!」
「・・・・・・みやこ。おまえなぁ・・・・・・」
まだ待ち合わせの時間まで一時間もあるだろう!何がちょっと早く来すぎてしまいました、だぁ!
「・・・・・・あがっててくれ・・・」
ニコニコと嬉しそうに笑うみやこの顔を見て、かおるは言葉を飲み込まざるを得なかった。
「かおるさんに早く会いたくて・・・ごめんなさい、お邪魔します」
謝るくせに、あがるのか・・・。でも、ドキッとするようなこと、言いやがって。かおるが顔を赤らめていると、
「ふふっ・・・かおるさんのパジャマって、以外に女の子らしいんですね。前はそんなことなかったのに」
「っ!?」
あわててかおるが自分の体を見下ろすと、パジャマ。みやこと付き合い始めてから買った、女の子っぽくて気に入っているパジャマ。女の子っぽくて。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
見る見るうちに赤くなる顔を隠しながら、かおるは部屋へと駆け込んだ。あとに残されたみやこは
「いったいどうなさったんでしょうか・・・?ほめただけなのに」
~一時間と少し、経過~
「はぁぁ・・・・・・」
かおるはこれで何回目だろうか。ため息をつく。
「本当にどうしたんです?よく似合ってましたよ?」
「・・・・・・ありがと」
一応お礼を言うかおる。正直に言えば、みやこと付き合ってから女の子らしくなったので、ほめてもらってうれしいとは思う・・・でも・・・・・!

続く。続く。

| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 お詫び小説

前回の駄作のお詫びとしまして、今回はほんわか甘酸っぱいお話を目指してみます。ピュアみやこさん好きの人向け

 通り雨

 天気は、晴れ。透き通って突き抜けるような晴天。みやこはテレビの予報と目の前を照らし合わせる。
「本日は、午後から急激に天気が崩れ・・・」
テレビのお天気のお姉さんの声が聞こえてくる。雨なんか降りそうにないですけど、念のためにもって行きましょうか。そう思ってかばんに折りたたみの小さな傘を入れようとした。
「風も強く豪雨になりそうです。風を引かないようにご注意ください」
お姉さんの声。風邪を引かないで、のところで頭に浮かんだある人の顔。絶対、傘なんか持ってこないでしょうし、大きいの持っていったら、二人で・・・。
「ふふっ・・・」
自分で思ったことに顔を赤らめて、みやこは折りたたみ傘を部屋に置いた。もちろん、最後にお気に入りの人形に声をかけるも忘れない。
「オクティー。いってきますわ」
 今日は天気もいいし、帰りはサッカーしてこうかな。それに今日はなんだかいいことが起きそうな、いい気分だしな。かおるはいつもよりもさらに元気に、通学路を歩いていた。俺にとっちゃ、天気がいい日ってのは最高にいい日だよな。何しろ、運動が、スポーツができる!あー!早く放課後にならねえかなぁ~。そんなことを考えて校門の前まで来たかおるの目の前に、おしゃれな服装、くるくる巻いた髪、おしとやかに上品におとなしく動く足。たまに自分と同じ女だとは思えなくなる、その人がいた。
「みやこ!おはよ・・・・・・う?」
「あ、かおるさん!おはようございます!」
かおるが疑問系の挨拶をしても、みやこはうれしそうに振り返って挨拶する。本当に、うれしそうに挨拶してくれるよな、みやこって。かおるはなんだかその笑顔が照れくさくて、
「なぁみやこ。今日こんなにいい天気なのに、そんな大きなかさ持ってどうしたんだ?」
ああ、これですか、とみやこは視線を下におろす。
「念のためですわ。今日は豪雨になるかもしれないって、天気予報で言ってました」
そりゃ困る。俺は今日サッカーしたいのに。
「雨、降らないといいですね。かおるさん、どうせ今日もサッカーでしょう?あ、ごめんなさい・・・」
どうせ。そう言われると、結構こたえる。付き合っている、のに毎日みやこと帰らないでサッカーをしてれば言われて当然かもしれない。でももっとこたえるのは。かおるは目の前で暗い顔をして何度も、ごめんなさいと繰り返すみやこを見る。この顔のほうが、もっとこたえる。
「いいって。気にすんなよ。俺も悪いんだしさ」
「本当にごめんなさい・・・」
みやこはそれでも、謝るのをやめない。私ったら、なんてことを・・・。一緒に帰ってもらえなくても、付き合ってもらっているだけでも十分なのに。なんてひどいことをかおるさんに・・・。
「・・・・・・・・・・笑ってるみやこのほうが、好きだ・・・・・・」
ぼそりとつぶやいたかおる。聞こえるとは思ってなく。独り言のつもりで。俺は、いつもみたいに笑ってるみやこのほうが好きだ。もう一度言う。
「かおるさん・・・・・・」
「ん?んん?」
かおるが顔を上げて隣で靴をはいている人の顔を見ると、ほんのりと赤く染まっている。
「ありがとうございます・・・うれしい・・・」
かおるさんが、私のこと好きだって・・・。笑ってる私が好きだって・・・言ってくれた・・・。うれしい・・・。みやこは恥ずかしくてうれしくて、かおるの顔が見られなくなってしまった。
「あの・・・私、先に行ってますね・・・」
そそくさとその場を逃げるように、みやこは教室へと行った。残されたかおるは、
「どうしたんだ、みやこのやつ・・・」
声に出していっている自覚もないので、まったく理由がわからなかった。でも、赤くなったみやこ、いつもよりもっと可愛かったな・・・。そう思って、かおるも赤くなった。そしてその場からこちらもそそくさと立ち去った。
 授業が始まり、一日が始まる・・・。
「ね、みやこ!昨日ね、新しいヒーローカードをてにいれたのよ!」
「ももこさん・・・声が大きい・・・」
先生の視線がこちらに向いているので、注意をしたり。
「何で二人ともさっきからお互いに赤くなってるの?」
「あ、赤くなったりなんて・・・」
「赤くなったりなんかしてねえ!」
お互いに照れてしまった、顔が見れなくなったり。そんなこんなで一日の半分が終わり、昼休みになった・・・。

続く。(お詫び小説のくせに、続く)
| TRACKBACK:0 | COMMENT:1 | HOME |

 ブラック・ウィーク 旅立ちの夜

さて、今回もブラック・ウィークの始まりです。(甘さ控えめ、シリアスかな?)ゴールデンウィークは過ぎてますが、あしからず。まったく関係ないですけど、おばあちゃんの知恵袋、と聞いてみやこさんのおばあちゃんを即行で思い浮かべた。


 出発前夜。三人は各自家で準備をしていた・・・。
ももこ宅。
「おねーちゃんだけずるーい!」
「おーっほっほっほっほっほっほ!日ごろの行いの良さを、神様が認めてくれたのよー!」
上機嫌にそう答えながら、ももこは明日に向けての準備をする。三泊四日の旅行。こんなに長く、友達と旅行するなんて初めてだ。
「ま、みやこが提案したから、狙いはなぁ~」
うすうす、あたしだって気づくわよ。恋する女の子は、その雰囲気に目ざといのよ。そう、わかっている。ももこは誰に聞かせるわけでもなく、一人でつぶやいてみる。みやことかおるは、付き合ってる。それはどうしても、異常なことだ。でも、二人は見ててこちらまで気持ちよくなるくらい、仲がいいし。問題ないかな。
「あたし、行くのやめよっかな・・・」
三人の中で、あたしってば一人ぼっち。邪魔してるみたいで。たまにこっそりと手をつないでるのを見て、あたしがいなければ堂々とつなげるのに、なんて思ったりもして。
「そんなこと、二人とも考えてないのは、わかってるのにね」
あたしったら、馬鹿だ。友達を疑ったりしてさ。別に二人が付き合っていようがいまいが、あたしたちが友達なのにかわりはなくて。相変わらずみやこはやさしいし、かおるは失礼だし(怒)。もしかしたらあたしまでみやこに狙われてたりして!
「明日スウィートがあたしを待ってる!だから、もう寝よっかな」
結局そういうことで。うじうじ悩むなんてあたしらしくないよ。気にせずこのままで。三泊四日で、新しい出会いがあるかも!
 ~かおる宅~
「かおる~!お土産忘れるなよ~!」
「わかってるって!なんか面白いもん見つけてるからさ!」
かおるはうきうきとしながら、かばんに荷物をつめていた。旅行。それも自分たちしか泊まる人のいない、小さな宿。友達と旅行なんて、初めてだ。変身して飛んでけば早いけど、
「やっぱ旅は電車にバスに・・・行く途中だよな!」
あんまり人と一緒にいたりしないかおるは、友達とそんなことした経験もあまりない。いまから明日が楽しみで楽しみで、仕方がない。
「みやこがな・・・」
しかし、かおるは暗い顔でつぶやく。みやこ。あの笑顔が、ピュアな感じの笑顔と、腹黒い笑顔。二つの笑顔が目の前を回る・・・。
「三泊四日か・・・・・・」
三日も泊まったら、みやこに何をされてしまうのだろう・・・。いい加減自分でも、気づいている。かおるは胸に手を当てて、早くなった鼓動を確かめる。みやこに何かされたいと、期待している自分がいることを確かめる。
「俺は、そんなキャラじゃないはずだろう・・・?」
かおるは一人つぶやいたが、頭を振って立ち上がった。
「旅行行く前に新しい技かけてやる!」
その声に反応する、兄弟に父親。
「旅行で遊べなくなるくらいこっちも技をかけてやるぞ!」
「おお!望むところだ!」
やっぱ、俺はこうでなきゃ。かおるは一人納得し、松原家の名物、家族プロレスに飛び込んだ
 ~みやこ宅~
みやこは、部屋で準備を終えて人形のオクティーをなでていた。たこみたいな人形。顔にハートマークがついている。それが気に入っていて。考え事とかしているとき、オクティーをなでながら話しかけたりするとなぜかすごく落ち着く。
「ねえオクティー。かおるさん、私のこと本当は嫌いなんでしょうか・・・?明日から三泊四日の旅行だと思うとうれしくて眠れなくて・・・そうすると逆にいろいろ考えちゃって、余計眠れなくて・・・」
だから、こんなネガティブなこと、考えちゃうのかな。みやこは机の上の写真たてを見る。パワパフZになってから仲良くなった友達と、恋人。今腰に巻いてるベルトも今ではもうすっかりなれた。ついていないと落ち着かないくらい。それなのに、気持ちはたまにこうして揺れて。
「人の気持ちには海みたいに波があるっていうのは、本当なんですねぇ・・・・。おばあちゃまのいっていたこと、ようやくわかりましたわ」
ももこさんみたいにいっつも明るくて、笑ったりないたり落ち込んだりが激しい人にも、波なんてあるんでしょうか。そう思うとおかしくて、気が少し明るくなった気がする。明日から、旅行。計画もばっちり。後は、心の準備だけ。深刻にならないで。
「おやすみなさい、かおるさん、ももこさん、オクティー」
みやこは、眠りについた。




あとがき(言い訳)
  今回、妙にみんなが暗いです!どうしてしまったんでしょうか。旅に出る前って、なんか余計に考え事とかして暗くなっちゃうんですよ。そんな気分で書いたんですけど、全員ネガティブすぎて、暗いお話になってしまいました。しかも文章おかしい・・・(汗)次の旅行に実際に出るのは、打って変わって元気に行きたいと思いますので、この無駄に暗いのを勘弁してください!駄文のほうも勘弁してください!暗いお話って、苦手・・・
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |

 呪い

これは呪いだ!絶対に呪いですよ!三人プラス一匹の呪いだぁ!九時ちょっとすぎに帰ってきて更新するはずだったのに、今もう十時半になりそう!明日更新しまーす!そして明日は少し出番作るから、呪いをかけるのはやめてぇー!ハスミさん、ごめんなさーい!
| TRACKBACK:0 | COMMENT:0 | HOME |
| HOME |NEXT

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/16 37]
[05/05 ハスミ]
[12/16 nakahoku]
[12/16 nakahoku]
[12/16 チェリー]

最新記事

(06/02)
(05/16)
(05/09)
(05/08)
(05/07)

最新TB

プロフィール

HN:
聖帝様
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(04/27)
(04/29)
(04/29)
(04/30)
(05/03)

アクセス解析

カウンター

お天気情報

-天気予報-

お天気情報

-天気予報-

お天気情報

-天気予報-